従来の1on1インタビューの様々な課題を解消する
「買いログTalk」

購買ログから対象者を抽出し、商品を確実に購入した人にインタビューできるサービスです。
お買い物/家計簿アプリ「CODE」のユーザーが対象ですので、一般的な生活者のリアルな実態を把握できます。

従来の1on1インタビューの様々な課題を解消する「買いログTalk」

実施のフロー

買いログTalkの画面
実施のフロー

※スケジュールは目安です。対象者出現率が低いなど仕様・オプションにより変動します。
※発言録/分析・報告書はオプションです。

買いログTalkの特徴

確実な購入者に
アプローチ

CODEアプリに買い物を登録した購入者から選ぶ

リサーチ慣れしていない
消費者

アンケート、インタビュー慣れのない一般的な消費者が参加する

リアルな場面を見せて
もらえるアプローチ

携帯電話でのインタービューも可能で気軽く自宅の冷蔵庫やキッチンなど見せやすい

買いログTalkの活用例

買いログTalkの活用例
  • スクリーニング調査での誤認回答者やなりすまし回答者が、インタビューに参加することを極力防ぎたい。
  • 購入者をつかまえづらい自社商品の商品評価や利用実態を知りたい。
  • 一般生活者のリアルな生声(購買理由や行動実態など)を聴きたい。
  • 小さな子供を持つ親や遠隔エリアの居住者にインタビューしたい。

買いログTalkのご利用はこちら資料請求

買いログTalkと従来の定性手法の違い

買いログTalkと買いログTalk self、従来の定性手法について基本設計とサービスの特徴などを比較すると、以下のとおりです。

基本設計

買いログTalk 買いログTalk self 従来の定性手法
参加依頼モニター CODEユーザー WEBリクルート/機縁
実購買確認 レシートとバーコードによる購買履歴確認(事実)
+アンケート回答結果(記憶)
アンケート回答結果(記憶)
調査手法 1on1インタビュー(60分)
モデレーター お客様ご自身(オプションにて手配可能) お客様ご自身 モデレーター
フロー作成 お客様ご自身(オプションにて手配可能) お客様ご自身 モデレーター
対象者抽出~選定 弊社 お客様ご自身 調査会社
インタビュー日程調整 弊社 お客様ご自身 調査会社

サービスの特徴

買いログTalk 買いログTalk self 従来の定性手法
メリット
  • 出現率が低くても事前に購入母数の確認が可能
  • 購入回数からロイヤルユーザー層の母数確認が可能
  • アンケート、インタビュー慣れのない、一般的な消費者が参加
  • オンラインでのインタビューのため、実際の生活場面を見せてもらえる
  • 参加者の条件が大幅にブレることはない(例:商品Aの購入が参加条件だが、実際には買っていないという事象が発生しづらい)
  • セルフインタビューでは、対象者抽出、インタビュー日時の調整等をセルフでおこなって頂く為、低コストで、企業様のご都合に合わせてクイックにご実施いただくことが可能
  • 出現率が高い場合には比較的安価
  • 細かいセグメントでも対応が可能
デメリット 大量配信ができないため人口構成比に合わせた調査が不可
  • 出現率が見えない場合、配信数が増え費用が高くなりがち
  • アンケート、インタビュー慣れが散見
  • 対象者の誤認の可能性あるため、SKU単位や詳細条件の指定が難しい(参加者の条件がブレることが散見)

6名へのインタビューの場合

買いログTalk 買いログTalk self 従来の定性手法
サンプル数 6名程度
スクリーニング配信数 200ss
(購買ログにより事前スクリーニング済み)
20,000ss
(SA/MA/FA15問程度)
モデレーター・フロー作成 オプション なし オプション
発言録・報告書 オプション なし オプション
費用 53万円 33万円 (60分インタビューの場合)

※200名へスクリーニング(SA/MA3問)
※オプションはなし
※費用は税抜き